株式会社 テックサイエンス
English
製品NEWS

 

世界的にも初登場の光電子収量分光と逆光電子分光とケルビンプローブ仕事関数の3機種を複合した分析機を開発しました

イオン化ポテンシャル・仕事関数測定
イオン化ポテンシャルと仕事t関数測定

型式とおもな仕様

仕事関数測定方法の分類

金属・半導体・有機物の真空準位と測定装置の関係図

ケルビンプローブとイオン化ポテンシャルの機能比較

金蒸着膜の仕事関数測定事例

PYS測定事例

仕事関数測定装置走査型ケルビンプローブ


UHVケルビンプローブ

光起電力分光ケルビンプローブ


太陽電池薄膜評価装置一覧

製品分類
表面特性分析

AFM・STM・SPM

AFMプローブ・カンチレバー

三次元微細形状測定装置

光電子分光測定

LEED電子線回折装置

イオン化ポテンシャル
仕事関数

磁気センサーマイクロセンサ

材料

バイオ表面解析

測定事例

校正標準リーク

受託分析 受託測定

 

  光起電力分光ケルビンプローブ SPV 
光を照射して表面光起電力の仕事関数を測る

仕事関数測定装置ケルビンプローブに光の強度と波長を変えるモデュールを追加することで、表面光起電力分光の仕事関数を測定できます。太陽電池セル・燃料電池セル・光触媒・有機薄膜等の光起電力評価が短時間で測定できます。
太陽電池の光電効果、光起電力効果、変換効率の研究開発に採用されています。
光強度を調節するモデュール、波長を調節するモデュール、試料ホルダーを選択いただけます。
金属・半導体・有機物のエネルギーバンドは仕事関数やイオン化ポテンシャルの測定にて解析されます。 測定装置としてケルビンプローブ、光起電力ケルビンプローブ、イオン化ポテンシャル測定装置PYS、逆光電子分光装置をご提供できます。

主な用途
・ 太陽電池セル・燃料電池材料・光触媒材料評価 ・新材料開発
・ 有機EL薄膜・OELD膜の薄膜評価

 

光起電力分光ケルビンプローブ

光起電力分光ケルビンプローブ

光起電力分光モジュール
  光起電力分光モデュール

 

特  徴

◆大気中でケルビン法により仕事関数 を測定

◆光電子収量分光法にくらべて短時間で測定できる

◆UPS法に比べて測定が容易にできる

構 成

◆SPVソフトウェア
◆光学ファイバーつきHalogen光源
◆分光器 走査波長 400-700nm
      波長分解能 25-30nm
◆光源遮断容器
◆コントローラ
◆特注試料ホルダー(option)

シリコン太陽電池セルの光強度変化

Si太陽電池セルに赤色LEDを照射したときの光強度と仕事関数を測定

太陽電池セルの光起電力と仕事関数

太陽電池セルに分光可視光400nm-750nmを照射しながら仕事関数を測定

光強度と仕事関数

ED光源から光強度を増減しながら仕事関数を測定
薄膜Alq3と光の仕事関数

Alq3薄膜に3原色LEDおよびUV光を照射したときの仕事関数を測定

 

 Copyright (C) TECHSCIENCE LTD. All Rights Reserved.