光学顕微鏡SURFスライドガラス基板 をつかって
バクテリアとスライムの 動態を撮影しました


2012年6月
Nanolane のSURF基板を使って細菌と細胞が漏出する粘液の動態を観察した文献が発表されました
  雑誌 PNAS

Proceedings of the National Academy of Sciences

  June 4, 2012
  タイトル SEEC Microscopy indentifies slime influence on bacteria adhesion and motility
  筆頭発表者 Dr.A.Ducret / Aix-Marseille University
 

pdf文献PNAS PNAS掲載論文 

要旨 これまでスライム(細胞外粘液)の分泌状態をとらえた記録はありませんでした。Aix-Marseille大学の二つの研究チームがNanolaneのT-Surf基板をつかってその動態を撮影しました。これによってスライムの分泌状態と細胞の運動に直接関与していることを究明しました。
このスライムの役割が細菌学やがんの研究にあらたな道を開くと期待されます。

画像 T-Surfスライドガラス基板を使用してスライムの動態をとらえた記録です



Surfスライド基板 製品ページ


SARFUS三次元画像化ソフト 製品ページ