株式会社 テックサイエンス
English

製品NEWS

2016年4月
生体分子ライブ観察顕微鏡  販売開始

2015年3月
SEEK顕微鏡で観察した動画です

2014年7月
T-Surf基板を使って癌細胞と免疫細胞の動きを観察しました

2012年7月 バクテリアとバクテリアが分泌する粘液の動態をSURF基板によってとらえました
PNAS文献

2012年5月 グラフェンシートをSURF基板に成膜して測定した画像です。

表面形状測定装置



 

光学顕微鏡SURFスライドガラス基板 
スライドガラスを交換するだけで生体試料の

コントラストを100倍に 

既存の光学顕微鏡のスライドガラスをSURF基板に交換するだけで、光学顕微鏡で非常に鮮明な 形状
観察が可能となり、生体試料をナノイメージングします。しかも前処理なしで低価格で可能となりました。ナノワイヤーやカーボンナノチューブなどナノ試料の画像化も手軽にできます。
 
専用解析ソフトSARFUS三次元画像化ソフトはこのスライドガラスとともに使用して3Dマッピング、厚
さ測定ができます。(オプション)
いままで不可能だったナノレベル生体試料の三次元画像を取得できます。 

Surfスライドガラス_トップ

用途
□ 生命科学  バイオ薄膜  バイオチップ 細胞
□ 生化学 
□ 薄膜・表面処理  LA膜 ASM膜
□ カーボンナノチューブ ナノワイヤ
□ 高分子化合物  
□ ナノリソグラフィ  ナノパターン
□ ナノ粒子  ナノ材料


Surfスライドガラスセット



特長

□ 生体試料を染色なしですぐに観察
□ 走査不要 ラべリング不要 
□ 三次元形状測定
□ リアルタイム測定  
□ 前処理不要
□ 垂直分解能 <1nm
□ 水平分解能 <350nm
□ ナノ試料検出限界  10nm




Surfスライドガラス基板の使い方


□スライドガラス基板を専用ピンセットで取り出す
□上面のカバーシールをとる
□ラべリング不要で材料をスライドガラス基板に置く
□顕微鏡に設置する
以上で観察できます。
□3D画像化ソフトSarfusoftを使用することで三次元画像化できます


バクテリア静止画像


バクテリアから分泌される粘液が走行に果たす役割を マルセイユ大学の2グループが解明してPNAS誌に発表
動画と文献はこちらをごらんください
ここまで鮮明にとらえた動画はありませんでした
粘液の動態をSurfスライドガラス基板がはじめてとらえました
カーボンナノチューブ
ポリアミドカーボンナノチューブ
Surfフッ素アルカン
セミフッ素アルカン 直径3.6nm
SurfスライドガラスCOS細胞

猿のvirus研究用COS細胞を溶液中で直接観察
Surf_金ナノサイズ堆積
Surfスライドガラスに作製したナノサイズ金の堆積
金ドット 径50nm 厚さ50nm
SurfスライドガラスPEO結晶化
厚さ4nm 結晶化したPEO
ポリエチレンオキシド
DNAbiochip

DNAバイオチップ 厚さ4.6nm


倒立顕微鏡とT-Surf基板を使って免疫細胞とがん細胞の運動を観察しました。小孔を通過するときの圧縮環境の中でどのように効率的な動きをするのか関心があるところです。このビデオ画像は、樹状細胞によってフィブロネクチン(細胞外マトリクスタンパク厚さ2-3nm)が貪食される様子がわかります。


 Copyright (C) TECHSCIENCE LTD. All Rights Reserved.