株式会社 テックサイエンス
English
製品NEWS

2016年4月新製品の分子間相互作用を定量化と画像化する
N-Lab stationを販売します

2015年3月 SARFUSによる観察動画をアップしました


2014年7月
T-Surf基板を使って癌細胞と免疫細胞の動きを観察しました


マルセイユ大学がSurf基板をつかって、はじめてバクテリアとスライムの動態をとらえました


2012-June
グラフェンシートをSURF基板にのせて測定した画像です。簡単に高さを測定できます

Nanolane メーカーリンク

製品分類
表面特性分析

AFM・STM・SPM

AFMプローブ・カンチレバー

三次元微細形状測定装置

光電子分光測定

LEED電子線回折装置

イオン化ポテンシャル
仕事関数

磁気センサーマイクロセンサ

材料

バイオ表面解析

走査型熱分布測定

測定事例

校正標準リーク

受託分析 受託測定



 

光学顕微鏡三次元画像化ソフト SARFUS
薄膜試料  生体試料・ナノ試料を3Dマッピング 


既存の光学顕微鏡では超薄膜の観察はできませんでしたが、超薄膜試料の三次元画像化を簡単に
するソフトウェアです。
膜厚60nm以下の生化学試料やカーボンナノチューブ、高分子薄膜の三次元測定が非常に簡単にできます。しかも前処理なしで低価格で可能となりました。

SARFUS三次元画像化ソフトにはSURFスライドガラス基板と校正用段差標準が付属します。

SURFスライドガラス基板は、ウエハー上にエリプソ機能を含む多層薄膜を蒸着して試料と基板のコン トラストを通常 の観測方式に比べて100倍向上させました。
既存の光学顕微鏡で鮮明な2D画像を観察ができますが、三次元画像化するにはこのSARFUSソフト
ウェアが必要です。

光学顕微鏡ではいままで不可能だったナノレベルバイオ試料が三次元画像として取得できます。 




用途
生化学分野
□ 生命科学  バイオ薄膜  バイオチップ 
□ 生体試料 細胞 脂質小胞 
薄膜・表面処理  
□ カーボンナノチューブ ナノワイヤ
□ 高分子化合物  
□ LB膜  ASM膜
□ ナノリソグラフィ  ナノパターン
□ ナノ粒子  ナノ材料


三次元画像化ソフト3Dマッピングライト

構成

三次元画像化ソフトウェア SARFUS
SiO2 SURFスライドガラス基板
校正段差標準
ドングル
要求仕様
カラーCCDカメラ、 データ処理用PC

特長

□ 光学顕微鏡でバイオ試料とナノ試料を
3Dイメージング
□ 簡単操作
□ 前処理不要
□ 走査不要  ラべリング不要
□ 高感度分解能

 仕様
  高さ方向 1Dナノ試料(薄膜):        < 0.2 nm
  2Dナノ試料(チューブ/ワイヤ): <φ2 nm
  3Dナノ試料(粒子):        <φ20 nm
  垂直測定範囲 1 〜 60nm
  高さ再現性    0.3nm
  水平分解能 350nm以下
グラフェンシート(拡大)
Surf基板でグラフェンをみる


東京大学
新領域創成科学研究科
斉木研究室 小幡 誠司 様よりご提供いただきました

SURF基板に成長させたグラフェンシートのサイズ
約 50umx20um 高さ 1nm

SARFUS三次元画像化ソフトをつかって観察した画像です

ポリジメチルシランPDMS薄膜
高さ<10nm ポリジメチルシランPDMS薄膜


DNAbiochip



DNAバイオチップ 厚さ4.6nm

ナノリソグラフィDPN

厚さ<5nm DPNナノリソグラフィー

OTSmonolayer

OTS(octyl-trisilozane) モノレイヤー 厚さ<6nm

DPNナノリソグラフィーby KIT
KIT大学Dr.Hirtzグループによる
DPNナノリソグラフィー  高さ18nm



フェリチン結晶
フェリチン樹脂状の結晶  高さ26nm
Protein Array
プロテインアレイ 高さ<70nm

I-g-G抗体
L-G抗体 高さ75nm

PDMSリング20pm
超薄膜のPDMS膜 高さ20pmを測定   冷却CCD使用

SEEC顕微鏡とSAFUSソフトウェアで高解像度画像を得られるだけでなく量的分析も可能となります。リアルタイムで観察できる動画の紹介です。



 Copyright (C) TECHSCIENCE LTD. All Rights Reserved.